生理予定日前のフライング検査で陽性になる?

ドラッグストアなどで売られている妊娠検査薬(クリアブルーやドゥーテスト、チェックワンなど)の説明書には、生理開始予定日の1週間後に検査するようにと罹れています。

 

その時期であれば、尿中のヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)量が、検査をするに充分な量に達している可能性が高いからです。

 

しかし、その時期にならないと陽性反応が出ないか?というと、そうでもなくて・・、たとえば生理予定開始日の当日やその周辺の日でも、検査をすると陽性反応が出ることはあります。

 

使用するタイミングはいつから?」のページでも書いた通り、生理予定日を1週間過ぎるとhCGの分泌量が急激に増えますので(下表参照)、この時期に検査するのが望ましいんですが、妊娠していれば生理開始予定日頃でもhCGはごくわずかですが分泌されていますから、検査薬に反応が出るのは珍しいことではありません。

 

生理予定日前のフライング検査で陽性になる?

 

フライング検査で陰性だった場合は

 

生理予定日に検査して陰性だった場合は、hCGの分泌量が少ないために陰性だった可能性もあるため、その後も生理が来ない場合は1週間後にもう一度検査することをお勧めします。

 

また妊娠検査薬の中でもチェックワンファストであれば生理予定日当日から検査をする事が可能となってます。

生理予定日当日から検査可能な妊娠検査薬

 

 

フライング検査で気をつけること

 

化学流産もあり得る

化学流産とは、受精卵が子宮内に着床できずに流れてしまうことをいいます。
切迫流産や不全流産などと違って、母体には流産の自覚症状がなく、普通通りに生理が来るため、流産したことに気付かないことがほとんどです。

 

受精はしたけれども、何らかの理由で妊娠が継続できずに、受精卵がそのまま流れてしまった状態です。

 

しかし、妊娠検査薬によって一時的に陽性の判定結果が出てしまうこともあります。

 

本来なら気付かない化学流産ですが、フライング検査によって陽性反応が出てしまい、病院へ行って診察してもらったら陰性だった・・というケースも稀にあるため、検査を焦らないのも大事かもしれません。特に気にする事はないと言われています。

 

自ら防げること、そして妊娠・出産に対する準備という事で下記のような予習OOKで勉強しておく事も非常に大切かと思われます。口コミでレビューは5つ星でオススメとなっています。

スポンサードリンク