妊娠検査薬の種類一覧

妊娠検査薬の種類には大きく分けて下記の2つのタイプがあります。

 

生理予定日当日から検査可能

生理予定日1週間後から検査可能

 

この判定可能期間の違いはその検査薬の感度による違いによるものになります。(参照:判定の原理とは?)感度が高く生理予定日当日から判定可能な妊娠検査薬と、それ以外の予定日1週間後から判定可能な検査薬という形で考えて頂けるとわかりやすいかと思います。

 

感度が高いチェックワンファスト

一般的に、市販の妊娠検査薬のほとんどは感度が50IU/Lで、生理予定日の約1週間後から検査が可能となりますが、「チェックワンファスト」だけは感度が25IU/Lと高く、月経(生理)予定日当日から検査することが可能です

 

そのため、出来るだけ早い時期に判定結果を知りたい方にお勧めの検査薬といえます。

 

チェックワン1回用と2回用は、感度50IU/Lですので、生理予定日の約1週間後から検査可能となります。
チェックワンファストチェックワン、名前やパッケージが似ていて紛らわしいので、お間違えのないように、よく確認してからご購入くださいね。

 

チェックワンファスト こんな方におすすめ

妊娠を少しでも早く知りたい方にピッタリ

 

 

妊娠検査薬一覧

一般的に、市販の妊娠検査薬のほとんどは感度が50IU/Lで、生理予定日の約1週間後から検査が可能となりますが、「チェックワンファスト」だけは感度が25IU/Lと高く、月経(生理)予定日当日から検査することが可能です

 

そのため、出来るだけ早い時期に判定結果を知りたい方にお勧めの検査薬といえます。

 

チェックワンシリーズ(アラクス)
チェックワンファスト チェックワンデジタル


チェックワン1回用 チェックワン2回用

 

 

ドゥーテスト(ロート製薬)
ドゥーテスト1回用 ドゥーテスト2回用

 

 

クリアブルー(オムロン)
クリアブルー1回用 クリアブルー2回用



 

 

P-チェック(ミズホメディー)
P-チェック・S1回用 P-チェック・S2回用

P-チェック・S5回用 デジタルP-チェック

 

 

ウーマンチェック(不二ラテックス)
ウーマンチェック1回用 ウーマンチェック2回用

スポンサードリンク