妊娠検査薬の使い方

各メーカーの妊娠検査薬は、使い方はどれもほぼ同じです。

 

吸収体におしっこをかけるだけ

検査薬本体はスティックタイプになっていて、ボールペンのようなキャップがついています。
そのキャップを外すと、脱脂綿のような吸収体があります。

 

トイレに腰掛けたら、検査薬を手に持ち、その吸収体に直接おしっこをかけます。
吸収体は速やかにおしっこを吸収するため、2〜3秒かけるだけで検査は完了です。

 

おしっこを長くかければ良いというわけではありません。
また、5秒以上浸すと検査結果に影響することがありますので、説明書に記載されている時間の通りに使用しましょう。
*各社によりかける時間が異なりますので詳細な時間については下記のページで解説しています。

 

>>参考:採尿方法、時間の違い

 

チェックワンファストを例にとると

妊娠検査薬の使い方

 

採尿して検査してもOK

妊娠検査薬の使い方

おしっこを検査薬に直接かけるのではなく、紙コップなどに採尿して検査することもできます。その場合は、2〜5秒ほど検査薬を尿に浸し、その後水平な場所に置いて判定を待ちます。

 

実際のところ、検査をするには紙コップを用意するなどの手間がかかりますので、この方法で検査をする方は少ないと思います。

 

 

直接おしっこをかける方法と、採尿して検査する方法で、検査結果に差異が出ることはありませんので、あなたがやりやすい方法で行っていただいて大丈夫です。

 

水平なところに置いて1分待つ

吸収体におしっこをかけたら、すぐにキャップをして水平な場所にスティックを置きます。
基本的に、1分ほどで検査結果が判定窓に表示されます。

 

「水平」に置くのがポイント

 

手に持ったまま判定を待つのではなく、平らな場所に置いてください。
通常は、検査が終了したことを知らせるラインが出ます。

 

終了ラインが出ていない場合は、検査の操作に誤りがあった可能性がありますので、説明書をお読みになって再度検査することをお勧めします。

スポンサードリンク